ホーム » 2018 » 11月

月別アーカイブ: 11月 2018

地域科学研究所の研修制度

「地域科学研究所で働きたい!」と考えたときに、やはり気になるのは研修制度ではないでしょうか? なかには初めて働くという人もいるでしょうし、どのような研修を行うのか知っておきたい気持ちがあるでしょう。というわけで、今回は地域科学研究所の研修制度について調査してみました。地域科学研究所で働くことを考えている人は参考にしてみてください。

地域科学研究所では、「企業の成長の最大の源は、社員の成長である」と考えているようです。その考えを実現することができる制度や整備、環境づくりを進めているようですね。地域科学研究所の研修制度は、面談を含めて全部で4つです。

まず紹介するのが「新入社員研修」です。新卒で入社したときに受ける新人社員研修ですが、地域科学研究所では、「経営理念を深める」、「各部署の業務概要理解」、「社員としての基本事項の伝達」、「新入社員同士の連帯感を築く」という4つの目的で行われるようです。
チームワークの育成をはじめ、社会人としての心がまえ、コミュニケーション能力のアップなどを学ぶようです。

地域科学研究所では、上司との面談及びOJTを毎月行っているようです。面談中に、自分の課題をシェアすることができるという話です。その課題をクリアすることで成長へと繋がっていくのでしょう。
面談と聞くとどうしても緊張してしまうかもしれませんが、雑談交じりということもあってリラックスして臨めるように思います。また、半年に1回、成長シートを通して自己評価を行っているようです。半年毎に自分で自分のことを客観的に評価することで、自分の行動と成果を見直すことができるのではないでしょうか。

入社後に研修がないかというと、そうではありません、入社2年目以降には「フォローアップ研修」があります。入社年が同じ社員同士が集まって、リーダーシップやスキルアップなど、それぞれの状況に合わせた今後の目標設定を行うようです。同期と一緒に研修を行うので、取り組みやすいのではないでしょうか。

最後に紹介するのは「スキルアップ研修」です。日本だけではなく海外でも、社員自らが学び深めていきたい分野の研修参加を支援しているとのことです。海外もOKなのは嬉しいですよね。実際に行われた研修としては、「獣害対策入門編」や「レゴブロックを使った創造性開発研修」などユニークなものもあるようです。

今回は地域科学研究所の研修制度について紹介しました。地域科学研究所は、比較的研修が豊富な会社といってもいいでしょう。新人社員研修だけではなく、定期的な面談や、フォローアップ研修があるのは安心できるのではないでしょうか?

⦅PICK UP⦆☞☞☞株式会社 地域科学研究所|オオイタカテテ|大分の魅力的な情報、就職情報発信マガジン

地域科学研究所の魅力とは

地域科学研究所は、まちづくりを応援している会社として知られています。同社は、技術力やサポート力、企画力を駆使してまちづくりに貢献しているようです。
たとえば、同社は「Local Spot」という地域イベントを楽しむことができるスマホアプリを提供しています。
また、地域科学研究所は、地理情報システム技術に長けていることでも知られています。サポート体制がしっかりしていることと悩みを解決する企画力でも評判になっているようですね。今回はそんな地域科学研究所の魅力がどういうところにあるか考えていこうと思います。同社で働こうと考えている人や、同社に興味がある人はぜひ参考にしていただけますと嬉しいです。

まず、地域科学研究所の魅力の一つ、同社の強みについて考えていきましょう。同社の強みは、「社員同士でしっかりとコミュニケーションが取れていること」だと思います。地域科学研究所には大分本社をはじめ、全国7つのオフィスを拠点に活動を行っています。各事務所が離れていることもあり、一見するとコミュニケーションが取れていなように思えますが、同社では年に4回も全社員が集結する会議があります。毎年社員旅行もあるので、事務所が離れていても社員同士のコミュニケーションが取れていると考えているでしょう。

次に挙げるのは「企画力」です。地域科学研究所は、いつも新しいことへチャレンジする精神を忘れていないことでも有名です。同社の企画力を支えているのは、週に1回設けられている「自由課題」でしょう。自由課題の日は、新しいアイディアを個人、あるいはチームで模索します。地域科学研究所には、「もっといい方法はないか?」と考える開発者がたくさんいるとのことです。こうした取り組みや、日々の積み重ねが同社の企画力に繋がっているのではないでしょうか? 業務改善について考える委員会や、朝の勉強会などの活動も盛んだということです。

「社風や風土」も地域科学研究所の魅力の一つだと思います。同社では、廃校になって使われなくなった小学校を借りて、サテライトオフィスとして利用しているようです。さらに、2013年の入社式を小学校の講堂で行うなど、会社ぐるみで地域と積極的に関わっているといっていいでしょう。これも同社が常に地域貢献を考えている会社だからではないでしょうか?

今回は地域科学研究所の魅力を3つ紹介しました。同社の企画力に定評があるのも、「自由課題」の日が設けられているからかもしれません。地域科学研究所の魅力に惹かれたという人は、同社で働くことを検討してみるのもおススメです。

地域科学研究所が求める人物像

地域科学研究所は、豊かな地域社会作りに貢献することに尽力している会社です。地域に貢献したいと考えている人の中には、同社で働きたいと考えている人も少なくないように思います。
地域貢献のプロ集団である同社では、どのような人材を必要としているのでしょうか。また、地域科学研究所の社員に向いている人も考えていこうと思います。

地域科学研究所が求めている人材は、「新しい価値を生み出せる人」のようです。地域科学研究所の仕事には参考になる事業モデルがありません。よって、与えられた業務をただこなせばいいという仕事とは異なります。仕事においては、常に思考することが必要になってきます。そのため、豊かな創造力はさることながら、強い身心と責任感が必要になってくるとのことです。

地域科学研究所のミッションは、「地域を元気にする」ということです。どのような課題があるのか、そして、どのような解決策があるのか、自分で考えないといけません。よって与えられた仕事を淡々と進めたい人には不向きなような気がします。逆に言えば、豊かな創造力を持っている人にとっては適している職場といえるのではないでしょうか?

地方自治体のプロジェクトは年間300件に及ぶそうです。これは、地域科学研究所が築き上げてきた実績が評価されての結果だと考えることができるでしょう。地域科学研究所は、社員教育プログラムをベースに、長期的な人財育成を行っているのだそうです。先輩同行などのしっかりとしたサポートを行いつつ、入社1年目から戦略的地方自治体経営プロジェクトの一員として、色々な仕事ができるとのことです。また、新しい技術の習得のために国内外を問わず技術研修を実施しているという話です。自分のやる気次第でチャレンジができる職場環境といえるのではないでしょうか。

また地域科学研究所は、「人の成長を中長期、長い期間で考えている」とのことです。短期間で急激な成長を求められるのではなく、自分のペースでゆっくり確実に成長していくことができます。

今回は地域科学研究所が求めている人材を紹介しました。また、同社で活躍することができる人がどのようなタイプなのかも考えていきました。新しい価値を誕生させることができる創造力の高い人が同社で活躍できる人材といえるでしょう。
もし、このブログの読者で自分が当てはまっていると思ったら、地域科学研究所で働くことを検討してみるのがいいでしょう。

地域科学研究所の仕事を紹介(システムエンジニア)

地域科学研究所のシステムエンジニアはどのような仕事をするのか調査しました。地域をサポートする事業を行っている地域科学研究所。普通のシステムエンジニアとはやはり仕事内容や職場環境は異なるのでしょうか?
システムエンジニアでの仕事を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

地域科学研究所のシステムエンジニアは、住民サービスがより良くなるような地方自治体のシステムを構築するのが仕事です。具体的には、地理情報システムであるWebGISの構築などを担当します。その他にも、GPSタブレットアプリや、アンドロイドアプリなどのソフトウェア開発も行うようです。こうした開発を通じて地域経営に関わっていくのが仕事のようですね。パッケージソフトウェアとは違い、顧客の要望に合わせたソフトウェア開発がメインなのが大きな特徴でしょう。技術者として幅広い知識を得ることができるのではないかと思います。

意欲があれば知識や経験は問わないということなので、システムエンジニア志望の人にもうってつけといえるかもしれません。また、地域科学研究所では毎週1日、将来にむけて新しい技術開発イノベーションの時間があるようです。就労時間の20%を新しい価値、イノベーションを生み出すために使うことができるようですね。同社で働いている社員は、とても意義のある時間だと感じているようです。
「お客さんと一緒に仕事を創っていきたい」、「これまでにない新しい価値で社会貢献したい」そんな考え方の人は、地域科学研究所のエンジニアとして活躍してもいいかもしれません。

では、システムエンジニアが働く地域科学研究所の職場の雰囲気はどんな感じでしょうか。
ソフトウェアの開発をしている職場のイメージとして、一人ひとりが黙々と自分の作業をしている様子が思い浮かぶかもしてません。しかし、地域科学研究所では常に情報の共有を行っているようです。毎日の仕事の中で、疑問に思ったり、行き詰ったりしたときは、気軽に相談できる職場のようですね。一人で働くことに不安を感じる人は、コミュニケーションが取りやすい環境は嬉しいのではないでしょうか?

今回は地域科学研究所のシステムエンジニアの仕事や職場環境について紹介しました。一般のシステムエンジニアとは違って、顧客の要望に合わせたソフトウェアの開発をするようです。そのため幅広い技術がつきやすい環境といえるでしょう。また、相談しやすい職場ということなので、一人で黙々とやるのが苦手という人には嬉しいかもしれません。

地域科学研究所の仕事を紹介(システムサポート・まちづくりディレクター)

地域科学研究所には、システムサポートという職種があります。地方自治体向けに構築したシステムのサポートが主な仕事になります。システムサポートという言葉はあんまり聞き馴染みがないかもしれません。システムエンジニアと比較すると、お客さんと接する機会が多い職種になりますね。機械よりも人と接することが好きな人に向いている職種といえるでしょう。さらに、地域科学研究所にはまちづくりディレクターという職種もあります。お客さんが困っていることを解決する仕事です。こちらもお客さんとのコミュニケーションが大切になってきます。今回はシステムサポートとまちづくりディレクターの仕事がどのようなものなのか見ていきましょう。

まず、地域科学研究所のシステムサポートから紹介します。システムサポートは、システムエンジニアが開発、構築したシステムのセットアップをはじめ、お客さん訪問、システムの操作説明、不具合対応などが具体的な仕事内容になります。お客さん対応が多いような印象も受けますが、システムを扱っているため、幅広い知識をつけることができるのではないでしょうか?

地域科学研究所のシステムサポートは、常にお客さんの立場に立って考えることが求められるでしょう。そのためには、聞く力、質問力などが重要となってきますが、業務を行っていくうえでその力を養うことができるように思います。
地域科学研究所のシステムサポートとして働いている人は、システムの操作サポートだけにとらわれず、新たな価値を生み出し、更なるアドバイスや提案を行うことを目標にしているとのことです。人に喜んでもらいたい、人の役にたちたいという気持ちが強い人は、活躍できるかもしれません。

一方、地域科学研究所のまちづくりディレクターは、お客さんの困っていることをヒアリングし、改善策を提案して問題の解決まで導くのが仕事です。地理情報システムを使用して「○○」がどこにあるかを調べ、自治体にその情報を提供するなども行っているようです。自治体が困っていることに対して企画や提案をしているようですね。地域科学研究所では、提案やサービスがオリジナルなことでも知られています。

今回は、地域科学研究所のシステムサポートとまちづくりディレクターという職種を紹介しました。どちらもお客さんの立場になって考える重要な仕事といえるでしょう。人と関わりながら、地域をより良くしていきたいと考えている人におススメできる仕事だと思います。